海外「もう帰ってきたのか」 大問題から3週間でYoutubeに復帰したローガン・ポール 新作動画は今までとは一味違う!

毎年約80万人の人々が自殺で亡くなっている。
40秒に1人が命を絶っている。

自殺は、若者の死因第2位である。

アメリカの高校生の6人に1人は自殺について真剣に悩んでいる。

反省し、考え込む様子のローガン。

Bob Forrestとの対談。
彼はロサンゼルスのバンドThelonious MonsterとThe Bicycle Thiefのヴォーカルを務め、さらにアロ・ハウス・リカバリー・センター(”繋がる”をコンセプトに患者のメンタルケアを行うセンター)を立ち上げた。
ローガンの今回の事件と、自殺について語り合った。

ローガンが次に向かったのは…、

National Suicide Prevention Lifeline(国立自殺防止ライフライン)だ。

ディレクターのJohn Draper氏。
ローガンと自殺防止について語り合った。
自殺を防ぐために、大切なステップが5つあることを教えてくれた。

STEP1:尋ねる
単純に、その人についてだったり、または自殺についてどう思うかなど意見を尋ねてあげる。

STEP2:聞く
批判することなく、ただ話を聞いてあげる。

STEP3:そばにいる
その人のためにそばにいてあげる。
信頼性がカギとなる。

STEP4:誰かと繋げてあげる
1人にならなくても良いように、友達や家族、セラピスト、またはホットラインなどと繋がれるよう手助けしてあげる。

STEP5:確かめる
大丈夫かどうか聞いてあげる。
こまめに連絡を取り、心配していることを伝える。

以上5つが自殺を防ぐための大事なステップだ。
次にローガンは紹介を受け、ある人に会いにいった。

彼の名はKevin Hines。
彼は2000年に、アメリカ西海岸のサンフランシスコ湾と太平洋が接続するゴールデン・ゲート海峡に架かるゴールデン・ゲート・ブリッジ(高さ227.4m)から飛び降り自殺を図った。

しかし、彼は幸運にも生き延びることができた。
この自殺行為ののち、生きる歓びを知った彼は、かつての自分と同じように自殺願望のある人々を救う活動を行なっている。

Kevinのこれまでの自殺防止活動および彼の半生について話し合い、対談後に抱き合う二人。

今回の事件や様々な対談を通して考えさせられたというローガン。
自殺防止団体に100万ドル(約1億905万円)を寄付することを決めた。

コメントは閉じられましたが、トラックバックとピンバックは受付けます。