最もYouTubeで有名な失踪事件…空港から走り去った男は何かに怯えていた

「YouTubeで最も有名な行方不明者」

そう呼ばれているのは、2014年7月にブルガリアで姿を消した、当時28歳のドイツ人ラース・ミッタン。

ラースはブルガリアの海浜リゾートで友人達と休暇を過ごしていたが、帰国の際に、空港の外で監視カメラに映り込んだのを最後に、行方がわからなくなってしまった。

不可解な監視カメラ映像

監視カメラの映像には「彼の身に何かが起きた…」と思わせるに十分なほど、ラースの不可解な行動が映っていた。

バックパックと大きな手荷物を持って空港のターミナルにラースは姿を表した。

ところが、その直後、荷物を持たないラースが、何かから逃げるように空港から走り去ってしまった…

ここから、ラースは母国ドイツに戻ること無く、今でも行方がわかっていない。

一体、彼の身に何が起きたのか?

Photo|YouTube

この不可解な映像はネット上で世界中に拡散し、「YouTubeで最も有名な行方不明者」と呼ばれるようになった。

「彼は人身売買の組織に捕まって、内臓を売られてしまった」

「姿を隠して、今でも表に出てこれない深刻な理由がある」

「映像には映っていない悪霊に追いかけられていた」

ネット上では、ラースの疾走に関して多くの噂、仮説が語られているが本当のところは誰にもわからない。

しかし、この失踪事件の後、警察の捜査で休暇中のラースに「ある異変」が起きていたことが明らかになっている…

コメントは閉じられましたが、トラックバックとピンバックは受付けます。